薮中塾長挨拶

世の中、グローバル人材ばやりで様々の塾があり、 薮中塾もその一つと思われるかもしれませんが、 ここは全く異次元の空間。 ①学生のイニシャテイブで、 ②毎月土曜の午後を犠牲にして、関西各地から駆けつけ、 ③参加者が積極議論する場。

タブーを怖れず、論理を持った議論を磨き、 世界で堂々通用する人材が巣立って行く巣立ちの場です。集え若者!世界で堂々議論できる人材、そんな人材の巣立ちの場。

塾長  薮中三十二(やぶなか・みとじ)

元外務事務次官

1948年大阪府生まれ。現在、立命館大学客員教授、大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)特任教授。グローバル寺子屋・薮中塾 主宰。

概要 

2013年12月創立。卒塾した塾生は100名を超える。7期塾生は23名。関西のみならず東京からも多くの塾生が参加している。

薮中塾には文理を問わず、学部生から院生、社会人まで、多様なバックグラウンドを持つ若者が集います。 社会保障など国内問題、領土問題など国際的テーマ、AIをはじめとする理系分野など様々な分野や国の枠を超えて、勉強会を塾生自ら企画します。世界の舞台で堂々と自らの考えを展開し議論できる人間となることを目指し、活動しています。

毎年2月には公開イベントを開催し、1年間の活動の成果を披露します。

勉強会について 

薮中塾の勉強会は、月に一度、京都で開催される。毎月テーマは異なり、7期では「領土問題」「エネルギー」「ジェンダー」「若者の政治参画」などのテーマを扱った。

勉強会ではディスカッションの他、20人近くの塾生により「全体討論」が行われる。塾長も交え、毎回白熱した議論が展開される。

6期・7期では新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインも活用しながら勉強会を実施している。